サイマコーポレーション

TEL:0466-36-3656 | お問い合わせ

Language:

カムアウトしにくいねじ

ねじのカムアウトとは

ねじの十字穴がなめてしまう現象の事を言います。
工具をねじに押し当てねじを回す際に工具の先端が浮き上がり溝崩れや工具の先端が潰れる事で起こります。
カムアウトしてしまうとねじを強く締め付ける事が出来なくなり、また取り外す事が困難になります。
カムアウトしたねじを取り外すには、ねじごとドリルで穴をあけるか製品の一部を壊す等の方法がよく用いられています。

製品を守る為にもカムアウトしにくいねじを使用する事が大切です。

カムアウトしにくい2タイプのねじ

310スリム®は頭の形状がカムアウトしにくい6-ロブ(星形)とクオ(十字穴タイプ)を採用しております。
超極低頭なので出っ張りが少ない形状なのにカムアウトしにくいねじとなっております。

詳しい製品情報はこちら

カムアウトしにくいリセス形状 | ねじ310®スリム | サイマコーポレーション

6-ロブ(星形)

6-ロブは、「JIS B 1015」ヘクサロビュラ形状の事で
十字穴や六角穴よりもカムアウトしにくくトルク伝達が良い形状となります。
十字穴や六角穴と同じくJIS規格の為ホームセンターやWEB等どこでも入手可能です
もちろんサイマのWEBショップにて購入可能です。

6-ロブドライバー | カムアウトしにくいねじ 310スリム® | サイマコーポレーション 6-ロブ | カムアウトしにくいねじ 310スリム® | サイマコーポレーション

クオ(十字穴)

310スリム®クオ(十字穴)タイプもあり、市販されている十字ドライバーやビット等でも使用可能です。
また、専用工具を使用する事でよりカムアウトしにくくなります。

カムアウトしにくねじ M3工具 310クオスリム | サイマコーポレーション カムアウトしにくいねじ M4工具 310クオスリム | サイマコーポレーション カムアウトしにくいねじ 310クオスリム | サイマコーポレーション

十字穴タイプなのにカムアウトしない理由

クオ(十字)は通常の十字穴と比べビットとの付着性がよく抜け勾配が無い為カムアウトしにくい構造です。

ビットとの食いつきがよく作業性に優れる

クオ(十字穴)はカムアウトしにくい構造でビットとの食いつきがよく作業性に非常に優れた
ねじです。

作業効率をアップさせる事も期待できます。

カムアウトしにくいねじ310スリム®はWEBショップでも購入出来ます | サイマコーポレーション

310スリム®取り扱い材質について

310スリム®は鉄やステンレスA2、アルミを取り扱っております。

310スリム® 鉄三価 | サイマコーポレーション 310スリム® ステンレスA2 | サイマコーポレーション 310クオスリム ステンレスA2 | サイマコーポレーション 310スリム® アルミ | サイマコーポレーション

他の製品はこちら

超極低頭ねじ『310スリム®』の強度について

310スリム®は頭部が極端に低い為よく頭が飛ばないの?と質問をうけますが、
心配ありません。

製品開発するに辺り破壊試験(わざと破壊する試験)を実施しており、リセス(頭部)が壊れる前に
ビットが壊れる事を確認しています。

一般で売られている小ねじと同じトルクで締付して頂ければ問題ありませんのでカムアウトによる溝崩れ等で取り外せなくなるという事はありません。

詳しい締付トルクは製品ページ『頭部強度保証』をご覧ください。

破壊試験の様子 その1 カムアウトしにくいねじ 310スリム® | サイマコーポレーション 破壊試験の様子 その2 カムアウトしにくいねじ 310スリム® | サイマコーポレーション

PAGE TOP

サイマコーポレーション WEBショップ