取扱いサイズ

・鉄:強度区分8.8
 ねじ径:M3~M24
・ステンレスA2
 ねじ径:M3~M12

低頭キャップ 鉄8.8サイズ一覧→

低頭キャップ ステンA2サイズ一覧→

通常在庫品以外のサイズもお見積りいたします。

メリット・デメリット

ボルトの頭をできるだけ低くしたいが、強度が必要な箇所に最適。ただし六角穴付きボルトよりも工具サイズが小さくなるので強い締付が必要な箇所には注意が必要です。

規格・サイズ

頭部規格はDIN7984に準じます。

DIN7984以外のDIN規格もお見積りいたします。

ザグリ加工について

六角穴付ボルトよりザグリ加工を浅くする事ができるので、削る量を少なくし、環境に配慮することができます。

低頭キャップ→超極低頭ねじ

更なる省スペース・軽量化をお求めの方は、サイマの超極低頭ねじ、310スリム®がおすすめです。

 

低頭キャップ(低頭ボルト)メリット・デメリット

メリット

名前の通りボルトの頭が低い為、出っ張りを小さくする事が出来ます。

頭の高さが低い分、出っ張りを抑えたい箇所に有効です。

デメリット

六角穴付ボルトより工具サイズが小さくなる為
強い締付が必要な箇所には注意が必要

規格表 DIN7984

低頭キャップDIN7984(低頭ボルト)簡易図面 | サイマコーポレーション

※単位:mm

  M3 M4 M5 M6 M8
dk 5.5 7 8.5 10 13
k 2 2.8 3.5 4 5
s 2 2.5 3 4 5
t 1.5 2.3 2.7 3 3.8
b 12 14 16 18 22
  M10 M12 M16 M20 M24
dk 16 18 24 30 36
k 6 7 9 11 13
s 7 8 12 14 17
t 4.5 5 5.5 7.5 8
b 26 30 38 46 54

 

ザグリ加工について

六角穴付ボルト(ソケットキャップ)のザグリ加工に比べ浅くする事が出来ます。
削る量を少なくし環境に配慮する事が出来ます。

頭部高さ比較

※単位:mm

  M3 M4 M5 M6 M8
六角穴付ボルト 3 4 5 6 8
低頭キャップ 2 2.8 3.5 4 5
  M10 M12 M16 M20 M24
六角穴付ボルト 10 12 16 20 24
低頭キャップ 6 7 9 11 13

低頭キャップよりもさらに低い!超極低頭ねじ「310スリム®」

※画像はM5での比較

頭部高さ比較画像 M5 | 低頭キャップDIN7984(低頭ボルト) | サイマコーポレーション

ザグリ加工しなくてもフラットに近い状態に出来ます。

低頭キャップ
(低頭ボルト)

低頭キャップDIN7984(低頭ボルト) 簡易図面 | サイマコーポレーション

超極低頭ねじ
「310スリム®

超極低頭ねじ310スリム 簡易図面 | 低頭キャップDIN7984(低頭ボルト) | サイマコーポレーション

頭部高さ比較

※単位:mm

  M3 M4 M5 M6
低頭キャップ 2 2.8 3.5 4
超極低頭ねじ 310スリム® 0.8 0.9 1.0 1.2

超極低頭ねじ「310スリム®」詳細→

    よりよいサービス、品質向上の為ご意見をお寄せ下さい

    ※こちらのフォームは返信が出来ませんので
    返信が必要な方はお問合せよりお願いします

    現在ご覧いただいているWEBページについて

    ご意見・ご要望 ※最大400文字まで