[Vol.1] なぜヨーロッパでは星形リセスが多いのか

十字穴、六角穴よりも星形リセス JIS、ISO規格で制定されているねじの駆動形状は、・すり割り(マイナス)・十字穴(プラス)・六角穴・星形(ヘキサロビュラー)がある。 「JIS B1015 おねじ部品用へクサロビュラ穴」 […]

[Vol.2] 十字穴から星形リセスで問題解決できる事がある

星形リセスは、JIS B1015の一般規格品です。ISO規格の番号は、ISO10664です。日本でも世界でも、一般流通している規格品です。 荷重と言うワードをご存じですか? 十字穴にドライバーを合わせて回す時、上から押さ […]

[Vol.3] トルク伝達にこだわる技術者は、十字穴は採用しないNew!!

星形リセスの採用は、トルク伝達への第一歩。 高級機械時計や超精密小型デバイスの設計では、十字穴付きのねじの採用を考える技術者は少数だ。理由はいくつかある。 1:荷重を嫌う 十字穴のねじを回す際に、荷重をかけると非締結物が […]

     

    現在ご覧いただいているWEBページについて

    ご意見・ご要望(最大400文字)

    ※こちらのフォームは返信が出来ませんので、返信が必要な方はお問合せよりお願いします