皿ねじが使えない薄板もほぼフラットに出来る

薄板には皿ねじが使えない

薄板には皿ねじ用のザグリ加工が出来ません。

310スリム®ならなべ頭やトラス頭の様な出っ張りがなく薄板締結に最適です。

「首下R」と「不完全ねじ部」をより小さく設計

首下Rが小さい理由

締結材の下穴(バカ穴)を小さくすることが出来る為、座面接触面積が広がり、より安定した締結が実現できます。

不完全ねじ部が小さい理由

首下ギリギリまでねじが切られている為、薄板同士の締結が可能になります。

「首下R」と「不完全ねじ部」が小さいから製品の小型化に貢献します

310スリム®はお客様の製品をより小型化・省スペース化する為に首下Rと不完全ねじ部が小さくなるように設計しています。

ご購入はWEBショップへ
↓ ↓ ↓ ↓
超極低頭ねじのご購入はWEBショップへ | サイマコーポレーション

100本以上お求めの方は直接お問合せ下さい

    よりよいサービス、品質向上の為ご意見をお寄せ下さい

    ※こちらのフォームは返信が出来ませんので
    返信が必要な方はお問合せよりお願いします

    現在ご覧いただいているWEBページについて

    ご意見・ご要望 ※最大400文字まで