ねじマイスターの遺言書 | サイマコーポレーション

Chapter 11 of the United States Bankruptcy Code

アメリカ向けのビジネスをしている人達はよくご存じですね。

倒産、倒産処理の事が書いてある難解な文章。スイス系の会社に勤務している頃は、法務担当者などが居たので、私が個人的に難解な文章を読まされることはなかった。

会社の代表者になって初めてこの書類がFedExで送られてきた時には、ヤバそうな感じだから、これは専門家にお任せだなと瞬時に思った。

Chapter 11 ねじマイスター | サイマコーポレーション

倒産への感じ方

日本の倒産は、ドロドロ系が多いが、アメリカの倒産はしれッとしていることが多い気がする。昔から、会社の売買M&Aは日本とは比較にならないくらい多いので、倒産への感じ方も日本人のそれより、「軽い」。

さて、初めてのチャプター11を受け取った時の話に戻します。

一生懸命英文を読もうとしましたが、難解すぎてギブアップ。
日本語で書かれていても理解できないでしょうからね。

何回か、アメリカから同意書の様なものにサインを求められたり、
この場所まで来てほしいとか、何しろめんどくさい。

回収不能金額も、80万円弱の少額だったので、この時には放棄させて頂きました。
放棄しなくても戻ってこないと思いますが・・・

Chapter 11 ねじマイスター | サイマコーポレーション

予期せぬ継続

その後少し期間が経ち、同じビジネスを同じエリアで始めた会社が、
しれッと見積依頼を送ってきた。

あの時は、申し訳なかった・・・・・などと言う態度や言葉もございません。

我々も慣れているのですかね、取引を継続しています。
ドイツ、イスラエルの取引先の倒産などもありましたが、共通しているのは、
日本人感覚では「明るい倒産」としか思えないような、サバサバ感です。

チョット脱線話

中国子会社で経験した色々な、

「倒産」「撤退」「争議」「黒社会からの恐喝」「国家権力との・・・」

中国ビジネスを経験するうえで避けては通れないでしょうね。国際ビジネス経験者は同じような事を経験して、感じていると思います。

Chapter 11 ねじマイスター | サイマコーポレーション

    よりよいサービス、品質向上の為ご意見をお寄せ下さい

    ※こちらのフォームは返信が出来ませんので
    返信が必要な方はお問合せよりお願いします

    現在ご覧いただいているWEBページについて

    ご意見・ご要望 ※最大400文字まで