(株)サイマコーポレーションでは、競技大会等に参加している学生の支援活動をしています

学生フォーミュラ

当社で取り扱う低頭キャップやボルト・ナットを物品支援しています。低頭キャップを使用することで、ねじの強度を保ちつつ、頭部高さが低くなるので、軽量化や空気抵抗に有利となります。

豊橋技術科学大学 -TUT FORMULA-

豊橋技術科学大学 TUT FORMULA| 学生支援 | サイマコーポレーション

神奈川大学-KURAFT-

神奈川大学 KURAFT | 学生支援 | サイマコーポレーション

京都工芸繊維大学 -Glandelfino-

日本大学生産工学部 -CIT-RacingTeam-

早稲田大学 -Waseda Formula Project-

ロボット・ロケット・ソーラーカー

大阪工業大学 -ソーラーカープロジェクト-

大阪工業大学ソーラーカープロジェクト | 学生支援 | サイマコーポレーション

当社オリジナル製品310スリム®をご使用頂き、小型・軽量化を実現しています。

神奈川大学 -宇宙ロケット部-

神奈川大学 宇宙ロケット部 | 学生支援 | サイマコーポレーション

当社オリジナル製品310スリム®をご使用頂き、小型・軽量化を実現しています。

神奈川大学 -宇宙エレベータープロジェクト-

神奈川大学 宇宙エレベータープロジェクト | 学生支援 | サイマコーポレーション

当社オリジナル製品310スリム®をご使用頂き、小型・軽量化を実現しています。

豊橋技術科学大学 -ロボコン同好会-

豊橋技術科学大学 ロボコン同好会 | 学生支援 | サイマコーポレーション

当社オリジナル製品310スリム®をご活用頂き、通常なら干渉してしまうわずかな隙間にも皿ねじを使うことなくフラットな締結を実現しています。競技用ロボットを製造するうえで、高速性を重視するには重心を低くする必要があります。そのため、底面と地面隙間はわずか3mm。この隙間に使えるねじは310スリムしかありません。

    よりよいサービス、品質向上の為ご意見をお寄せ下さい

    ※こちらのフォームは返信が出来ませんので
    返信が必要な方はお問合せよりお願いします

    現在ご覧いただいているWEBページについて

    ご意見・ご要望 ※最大400文字まで